【城陽駅前校】通常授業再開しました!

こんにちは、個別教育フレックス城陽駅前校の鹿屋です!

ついに6月! 近隣の小学校や中学校も学校が再開し、少しずつではありますが新しい日常を過ごしつつあります。

城陽駅前校でも5月27日から通常授業が再開しました!

改めて直接会って会話や授業ができる環境に感謝の気持ちでいっぱいになりました^^

可能な限り授業中も換気を行い、なるべく密閉・密集の環境を作らないよう心がけながら授業を行っています!

さらに!!

6月1日から6月30日まで友人紹介キャンペーンも実施中です!

なんと今回のキャンペーンは入塾費・諸経費・テキスト代一切かかりません!

体験申し込み後は筆記用具だけでOK!

各中学校・高校も7月にテストを実施するところがほとんどなので、そのテストに向けて今のうちから準備しておきましょう!

お問い合わせお待ちしております^^

城陽駅前校 鹿屋

モリモト先生の中学理科の勉強法

こんにちは、伏見桃山校です。
本日、Instagramにアップされた
モリモト先生の中学理科の動画は、
ご覧いただけましたでしょうか。

 

一分間という時間では
お伝えしきれなかった
理科の勉強方法について
モリモト先生に、聞いてみました。

 

「理科は暗記することが多いですが、
だからこそ、最後の追い込みで
点数が上がる教科でもあります。
ただ、普段のテスト前にしっかり
勉強しておかないと、
そもそも基本的な理解ができていないので
最後の追い込みで点数を上げようしても
できません。
ですので、定期テスト毎の勉強と
模試の復習をしっかり行ってください。
要するに、定期テスト毎に
しっかりノートをまとめるなど
勉強しておくことが、結局
入試への最短距離となります。
みんな、一緒にがんばっていこう!」

以上、モリモト先生からの
メッセージでした。

 

そして、
夏期講習(7/23~8/22)
の受講生受付をスタートします。
コロナ禍での遅れを取り戻し
今まで苦手としていた所の復習を
しっかり行いましょう。

 

また、6月より
友人紹介キャンペーン(6/30まで)
が始まります。
同じ学校に通っているフレックス生を見つけたら
チャンス!
お友達と一緒だと、安心ですし
一緒に勉強することで、二人とも成績アップ
この機会にぜひお問合せください。

——————————————

お問合せ先

075-605-6111(伏見桃山校)

14時~22時開校。

金曜、日曜、休校

——————————————

実家で猫を飼っているのですが
かまおうとすると逃げます。
でも、本を読んでいると
勝手に膝の上に乗ってきて
丸くなって寝ています。
気ままな猫、可愛いですね。

顎関節症(あごのねんざ)は
まだ治る兆しが見えませんが
今日もがんばってきましょう!
いつもありがとうございます。
教室担当T

実施中!

皆さんこんにちは!

フレックス黄檗校の杉本です。

ようやく今日から学校が始まりますね♪

今年は1学期中間テストがなくなっている学校も多いみたいです。

ですので、1学期期末テスト

どの学年も範囲が広くなりそうです。

 

そこで、学校が遅れている今のうちに、

私たちとテストに向けての準備をしていきましょう!

 

個別教育フレックスでは6月1日(月)から

友人紹介キャンペーンが始まります!

友達と一緒に頑張っていこう👍

 

いつでもお気軽にご相談ください。

黄檗校)0774-33-0880

個別教育フレックス黄檗校 杉本

 

伏見桃山校の個性あふれる講師たち

皆さん、こんにちは、伏見桃山校です。

1分間のワンポイントレッスン、って??

と、この写真見て思っていただいた方は

Instagramにて、「個別教育フレックス」を

検索していただき、動画をご覧ください。

 

伏見桃山校の個性あふれる講師たちが

ワンポイントレッスンという形で登場します。

「どんな先生がいるんだろう」と

思っている方は、ぜひご覧ください。

 

そして、

夏期講習(7/23~8/22)

の受講生受付をスタートします。

コロナ禍での遅れを取り戻し

今まで苦手としていた所の復習を

しっかり行いましょう。

 

また、6月より

友人紹介キャンペーン(6/30まで)

が始まります。

同じ学校に通っているフレックス生を見つけたら

チャンス!

お友達と一緒だと、安心ですし

一緒に勉強することで、二人とも成績アップ

この機会にぜひお問合せください。

——————————————

お問合せ先

075-605-6111(伏見桃山校)

14時~22時開校。

金曜、日曜、休校

——————————————

先日から、ずっと耳の奥が痛く

耳鼻科にいったところ、、、

「顎関節症」との診断でした。

これを分かりやすく言うと

あごがねんざしてる

という状態だそうです(笑)

あごをねんざって!?(笑)

固いものが食べれないと話していると

塾生さんに、「おじいさんやんw」

と笑われてしまいました♪

 

医学的に原因は解明されておらず

まずは安静しか治療方法がないのだとか。

炎症を抑える薬と、行きつけの鍼灸接骨院で

針を打ってもらい、現在治療中です。

みなさん、あごねんざには

くれぐれもお気を付けください。

いつもありがとうございます。

教室担当T

理系教室長が語る歴史のお話③ ~世界と日本の歴史のペースの差によって生まれたもの~

さてさて、今回も前回の続きからです。

前回まではコチラ!

理系教室長が語る歴史のお話① ~どうして歴史って難しいの?~

理系教室長が語る歴史のお話② ~全世界共通!歴史の流れ~

 

前回は原始古代中世近世近代現代という区切りから様々な地域が似たような発展をしていたというお話をしました。ですが、現在でも先進国と発展途上国があるように、この発展のペースは地域によって大きく変わってきます。そこで、これらの地域別の発展のペースを中学でも頻繁に取り上げられる日本中国ヨーロッパに絞って見ていきましょう!

 

歴史の変遷 日本・中国・ヨーロッパ

 

さて、時代にもよりますが多くの時代でヨーロッパ中国の変化の後日本での変化が起こっていますね。こうやって見ると、かつての日本人は自分たちの文明が遅れていることを悟った時に追い上げるように発展してきた民族と言えると思います。

ですが、この追い上げのペースはどの時代でも非常にすさまじかったと言われています。

例えば戦国時代では各大名がこぞって鉄砲の開発・研究した結果、製造技術は世界最先端レベルまで向上しました。この極め上げた軍事力は当時世界帝国となっていたスペインなどの西欧諸国が植民地とすることを諦めさせたという説もあります(世界的に見れば南米やフィリピンがスペイン・ポルトガル領になっています)。

また、明治時代では欧州列強との不平等な条約を解消するために、圧倒的なペースで列強の知識・技術を吸収し、半世紀かけずに大国と渡り合う実力を付けました。この圧倒的な発展ペースは自国の文化や歴史に妙なプライドを持ち続けた中国との明暗を分ける事となりました。

 

このように、世界の歴史の流れ日本の歴史に大きな影響を与えています。そう考えれば、中学校の歴史で世界史を扱うのにも納得です。

こういったポイントを押さえながら中学から歴史を眺めてみることで、新たに整理できることもあるでしょう。

 

 

えっ?そもそも昔のことを学ぶのに何の意味があるのかって?

では、次回はここまでの話を元にして歴史を学ぶ意味を考えていきましょう。

RE START!

みなさん、こんにちは!

宇治田原校教室長の井本です。

緊急事態宣言解除されましたが、

手洗い、うがいなど感染予防

引き続き気を緩めずにしましょうね

 

さぁ学校が再開されます。

失われた時間なんて言わせない!

あなたの《やる気》一緒に育てましょう。

対面授業再開

みなさん、こんにちは

学研精華台校の桑代です。

 

昨日から対面授業が再開となり、

生徒たちの笑顔を久しぶりに見ることができました。

やはり生で笑顔を見られるのが一番ですね!

ただ、まだまだ警戒が必要ですので、

お互いの健康を大切に守るためにも

教室では検温や消毒に協力してもらっています。

勉強も健康も大切にしながら

一緒に頑張っていきましょう!

仕切り直し!!!

皆さんこんにちは!

フレックス黄檗校の杉本です。

本日から、個別教育フレックスは教室での授業再開です!

学校はまだ始まっていないので、昼からでも自習に来る生徒が見受けられました(⌒∇⌒)

黄檗校では、引き続き除菌対策はしていきます。

 

 

来週からの学校再開に向けて、早めの準備をしていこう!

 

いつでもお気軽にご相談ください。

黄檗校)0774-33-0880

個別教育フレックス黄檗校 杉本

 

 

理系教室長が語る歴史のお話② ~全世界共通!歴史の流れ~

こんにちは、加茂駅前校の津村です! さて、前回に引き続き歴史についてお話していきましょう!

前回はコチラ! ⇒

理系教室長が語る歴史のお話① ~どうして歴史って難しいの?~

まずは、皆さん歴史の順番を考える上で目安とするものに『時代』があるかと思います。

縄文弥生古墳飛鳥奈良平安鎌倉室町安土桃山江戸明治大正昭和平成と続くアレです(旧石器・南北朝時代など一部省略しています)。

ですが、教科書にはそれとは別に『原始・古代・中世・近世・近代・現代』という区切りがあることをご存じでしょうか?

↑このように教科書のどこかにある年表の端の方に載っています。

この時代区分はそれぞれの時代の特色に注目した時代区分で、ヨーロッパではこういった区分が一般的になっています。そう、つまり『世界史の流れをつかむのに便利』なんです。

というわけで各時代の特色はざっくりとこんな感じです(諸説あり)。


~原始~

人々が定住し始め、身分・信仰がゆっくりと生まれた時代。日本における縄文・弥生時代。

~古代~ 

はっきりと身分や信仰する物が固まり始めた時代。日本における古墳・飛鳥・奈良・平安時代。

~中世~ 

人が信仰・権威者から認められる形で政治を行う時代。日本における鎌倉・室町時代。

~近世~

強大な権威のある人が政治を行う時代。日本における安土桃山・江戸時代。

~近代~

身分制が廃止されて市民に人権が与えられながらも、資本が新たな力の指標となった時代。日本における明治・大正・昭和前期時代

~現代~

すべての市民に最低限の人権・生活が保障され、多くの市民・国家が切磋琢磨しながら技術・文化を発展させる時代。日本における戦後以降。


このように、社会制度の対比から世界の歴史を比較するといった方法があります。

例えば、古代日本であれば『天皇やその側近(聖徳太子)が仏教を使って日本の支配を固めた。』となりますし、古代ヨーロッパは『ローマ皇帝はキリスト教を使って巨大な帝国を支配した。』となります。

 

このように、全く違うような文化の発展をしたように見えて世界全体で近い発展をしていると考えておくと、不意を突いた世界史の入り込みだけでなく、進学後の高校の世界史を学習するときに学習内容の整理を行いやすくなります。

 

では、次回は日本と世界でこれらの歴史のペースがどれほど違うのかを見ていきたいと思います。

【城陽駅前校】来週から通常授業再開!!

こんにちは、個別教育フレックス城陽駅前校の鹿屋です!

先日、緊急事態宣言も解除され、来週からは個別授業も再開することになりました!

とはいえ、まだまだ油断ならない状況ではありますので、十分注意しながら頑張っていきますのでよろしくお願いいたします^^

体験授業も随時募集中です!

お気軽にご連絡ください^^

鹿屋