記述問題のすすめ

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

教室長の杉浦です。

今回のブログは少し思考を変えて、問題と解説を紹介しようと思います。

内容はズバリ「国語の記述問題について」です!!

まずは問題に関係する文章を読んでみて下さい。

次に問題文です。

この問題は実際に昨年度出題された京都府公立高校の前期選抜の試験問題を抜粋していますが、このパターンの問題は今後の高校入試を受験する生徒はもちろん、大学受験の新テストなどでも影響してくる可能性が高いと判断して、今回取り上げさせてもらいました。

まずは高校入試において、京都の前期選抜の国語は平成28年度以降、この手の会話文からの記述問題を解く形式が継続して出題されています。

前期選抜で頑張りたい生徒は特に傾向として注意下さい!

そして大学受験の新テストの観点ではありますが、昨年度の11月に公表されている、新テストに向けてのプレテストでも会話文から絡めた問題の出題が目を惹く形となりました。(実際の昨年度のセンター試験の現代文においても、この形式の問題は新傾向として出題されております。)

ブログの兼ね合いからかなり大部分はカットしてあるものの、実際にこのYとZは解くことができますか??

この下に解説も記載していきますが、まずは実際にチャレンジしてみましょう!

記述嫌いな生徒もできるかな??

 

(チ~ン)

 

できましたか?(笑)

それでは解答・解説にうつりますが、まずは記述問題を解く上でのコツをお伝えしておきましょう。

記述問題を取り組むためのポイントは

STEP1 設問の内容を分析!

STEP2 「要素分解」して解答範囲を確定!

STEP3 言い換え・補充で文を明確に!

この3つのSTEPは大きなカギとなります。

記述が苦手な人ほど、難しく考えずシンプルに実践していって下さい。

まずはSTEP1の設問の分析についてですが、「この問題は何を聞いていて、何を答えさせたいか」を十分に把握してから問題に挑むようにしましょう。

事実、記述問題ができない子はこのポイントがチグハグな理解をしている子が多いです。

今回の問題は会話文で一郎さんが、『「相互構成的」というのは~』から文が続いていき記述で穴を埋めていくため、「相互構成的」とはどういう意味として書かれているか?を本文から読み解いて答えを導き出す事が重要となります。

ちなみにですが一読して、『このように~』から始まる段落内で『~相互構成的な関係にある。』に続いていく文は、「相互構成的な関係」を説明していく文になっている事は見抜けていますか?

「どこに何が書いてあるか」を判断できる力が「読解」でもあるので、記述問題こそ「読む力」が試されていくものだと分かります。

STEP2の「要素分解」と解答範囲の限定ですが、皆さん入試問題の記述の「採点」は基本的にどうなっているかご存じですか?

実は記述の採点は「このポイントが書けていれば何点」という「ポイントの積み重ね」でできていることがほとんどになります。(もちろん文字数や比喩表現NGなど他の条件もありますが)

今回の問題は

他者との関係性に Y され、また一方で、逆に、 Z

というように、Yに入る記述は「他者との関係性」と「また一方で、」の間に入る内容を考えれば良いのが分かります。

本文中の間に入っている文は

『自己の概念は、既存の関係性から影響を受けてかたちづくられる』

という文になるため、記述に入れたいキーワードに分けると「自己の概念」「既存の関係性」「影響を受けて」「かたちづくられる」という風に分解できます。

ここでSTEP3の言い換えを発動。

「既存の関係性」→「他者と自己の関係性」

「かたちづくられる」→「形成」

字数や内容の関係から、抽象的なものは本文に即した具体的な内容に、長い表現は本文中で使われているコンパクトな言葉に置き換えるようにしてください。

そうすると「他者と自己の関係(既存の関係性)」という言葉はすでにYの直前で「他者との関係性に」という部分で触れられているため、説明する必要がなくなる事が分かります。

そうなると「自己の概念」「影響を受けて」「形成」というキーワードだけが残るため、文意に合うように並べかえると、

他者との関係性に影響を受けて自己の概念が形成され、一方で~

という具合に解答が完成します。

いかがでしたか?しっかり正解できましたか?

このままいくと読むのが少し疲れてしまう事にもなるのでZの問題解説は次回の更新にしておきます(苦笑)

公立前期選抜まで30日余りですが、今回のブログも参考に頑張っていきましょう!

 

迫る!!センター入試!!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

タイトルにある通り、本年度のセンター入試まで、残すところあと6日を切るかたちとなりました!

この直前期に一体何の勉強をしよう?!

そう思われる受験生は少なくないかもしれませんが、入試形式を身体に染みこませるため、過去問をひたすら解きまくる!というのが受験界隈の情報では鉄則になっていると思います。

大事なテストの前は、「今年の入試問題が事前に分かればな~」なんて思う事は誰しも一度はありませんか?

正直、私はいつもテスト前などは考えていました(笑)

実際に本当の入試問題を手にすることまでは実現しなくとも、予想問題の中で自分の実力を試したり、傾向を掴む事でも本番には活きてきます!

代々木ゼミナールセンター直前テスト!!

代々木ゼミナールからは毎年冬期講習講座の1つとしてセンター直前テストというセンターの予想問題と解説講座がセットになった講座があります。

この直前期こそ重宝する講座になるので、受験までに悩む生徒は是非活用し、入試当日は悔いの無いようにすべてを出し切りましょう!!

合格者の声

ブログをご覧いただいている皆さん、こんにちは。

今回のブログでは大学受験の公募推薦により、見事第一志望の合格を勝ち取った生徒の生の声をご覧いただきたいと思います。

以下は合格者の声です↓↓↓

 

城南菱創高校 三上有生さん

同志社女子大学 現代社会社会システム 合格

 

Q.個別教育フレックスの良かった点は?

A.個別指導なので、自分の苦手な分野を重点的に勉強する事ができるし、わからない所があっても講師の方が分かるまで丁寧に教えてくださるので、苦手を克服していく事ができました。受験校の問題傾向も分かり、試験に対する対策もしていただけるので、受験にとても役立ちました!

Q.これから受験を迎える生徒や後輩にアドバイスをお願いします。

A.受験で私が一番痛感したことは、「最後まで何が起こるか分からない」ということです。私は試験当日、午前の試験でマークミスをしてしまい、午後の試験は手応えがなく絶対落ちると思っていました。合格発表まではかなり落ち込んでいましたが、結果は午後の試験で合格をする事ができていました。これは午前のミスを切り換えて、午後の試験に集中できた結果だと思います。本当に何があっても最後まで頑張ることが大切だと思うので、これから受験を控える皆さんも頑張って下さい!!

 

以下は教室長のコメント↓↓↓

普段の授業でも自習でもよく頑張ってくれていたので、良い結果を期待して送り出していましたが、試験後の塾に来てくれたタイイングで「やらかした~!」と詳細を聞いた時は正直青ざめました(笑)

しかし、それでもしっかりと午後は切り換えて出来た事を聞いていたので、彼女のポテンシャルはそんなものじゃない!と信じて合格を疑ってはいませんでした。

結果、良い報告も聞けてほっと一安心と共に、これから受験を迎える生徒達にもこの喜びをしっかりと味合わせてやりたい!と気を引き締めてくれる機会をもらえたと思います。

合格本当におめでとう!!

これからまだ受験を迎える生徒は後悔ないように。

さあ、ラストスパートです!!

一緒に頑張っていきましょう!!

冬期講習受付中!!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

いよいよセンター入試まで40日あまりと迫ってきたので、受験生達はラストスパートに向けて気力を振り絞って頑張っている頃かと思います。

代ゼミサテライン予備校でもそのラストスパートを後押しすべく、冬期講習講座を絶賛受付中です!!

冬期講習講座のメリットをご紹介させて簡単にご紹介させてもらうと、

・大学別対策講座がある!

・直前テストを予想問題として活用し、自分の実力の最終確認ができる!

・得点アップの最後の裏技が学べる!

などなど、この入試直前に必要な要素をふんだんに盛り込んだ講座がいくつも準備されています。

実際、例年よく見かけるのが、通年講座を受講していなくてもこの冬期講習講座をしっかりと集中して利用すれば、模試でも叩き出せなかった得点を本番のセンター入試で得点している生徒も沢山見かけます。

直前だから何をすればいいかわからない、直前になってしまったからこそ何から手をつけていいかわからない、などとにかく受験に悩んだらすぐに相談しに来て下さい!!

我々は皆さんの可能性を最後まで信じ切って全力でサポートをしていきます。

限られた時間を有意義に使えるように応援しています!!

 

新テスト対象者必見!!記述力を向上させるには?

ブログをご覧頂いている皆様、こんばんは。

本日のブログはタイトル通り、『記述力』について触れていきたいと思います。

昨今話題として挙がっている、センター試験を廃して新テストを2020年以降は実施していく方針が文科省から打ち出されているのはご存じの方も多いのではないでしょうか。

その旨の中に、数学と国語において記述問題の出題が予定されています。

現状、校舎にいる生徒からでも、中高生問わずよく聞くのは「記述問題が苦手なので、記述問題の書き方を教えて下さい!」という質問を受けるのも少なくはありません。

選択問題ならできるけど。

記述問題はいつも字数が足りない。。

書き方のコツを知らないし、書き方さえ分かればできるのに。。。

記述問題に対して皆、何かしらの特別な難易度は感じているようです。

ここで『記述力』とは?について改めて確認しておきたいのですが、記述問題は「書き方」さえ分かれば解ける、という短絡的な思考ではなかなか出来る問題ではないという事をお伝えしておきたいです。

作問上、記述問題において求められるのは、

「正しく文章の中身を理解できているか」

「内容の要約を正しく行えるか」

「論理的な思考で客観的に表現ができるか」

大きなポイントとしてはこの3点が重要となってきます。

すなわち法的式になぞらえると、

「正しく読める」×「正しく表現できる」=『記述力』

という具合に、書く事に一生懸命になるだけではなく、論理的な思考を養って読める力も同時に身に付けていかなければいけません。

新しいテストでは実はこんなハードな事が求められていくんですね(苦笑)

読む力と書く力それぞれを勉強していくのはどうしたらいいんだ!!というお悩みのこれからの受験生にここで朗報です。

代ゼミサテラインでは早くも新テストの対応に向けて11月からリリースされる講座があります。

その名も『論理国語《記述力・表現力養成》』講座です!!!

この講座の狙いは先ほどにも上述した、論理的に「読み」「書く」ためのポイントを学び、「読解力/記述・表現力」を身に付けるための真の記述力養成講座となります。

新しいテストに向けて、どうやって子供達の成長をサポートしていこうか、と考えていた我々にとっても、この講座は大きな存在になりました。

新テストに向けて何かしらの準備をしたい、すでに不安に思っている、など気になる方はフレックス各校で対応していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

《講師紹介》 船口明 先生

こんにちは!

今回このブログでは数いる代ゼミの人気講師から、私の独断と偏見で講師の先生を簡単にご紹介したいと思います!

本日ご紹介させていただくのは、

現代文の超人気講師、船口明(ふなぐちあきら)先生です!

 

まずは最大のオススメの理由ですが、、

皆さんは人の言葉で涙した事はありますか?

可能性を信じて背中を押してくれる先生と出会った事はありますか?

言葉に出すとなんだか気恥ずかしいけど、熱い先生の授業を受けてみたい!と憧れをいただいた事はありませんか?

もし受験科目に国語が必要で、上記一つでも当てはまる生徒がいれば、船口先生の講座を受講する事を強くオススメします!!

代ゼミサテラインのラインナップにある先生の授業は、もはやどれを見てもわかりやすいのは当然なので、最大の決めてになるのは「先生を信じてついていけるか」になると思います。

その中でも、船口先生は「生徒の可能性を信じて教壇に立つ」というのを信念に授業をされているのが、映像越しでもひしひしと伝わってきます。

そういった心が震える言葉が授業を真剣に受ける力になる事を、受講してくれた生徒は皆伝えてくれています。

また、板書のクオリティにおいても現代文の勉強において、一番課題となる「思考の手順」が一目瞭然とされており、授業で取った板書ノートを見返すだけでも「考える手順」が復習出来て、文章の読み方がわからない生徒、苦手ではないけど自分の感覚で読んでしまって当たり外れが激しい生徒、どちらの場合にもオススメができる授業であると感じます。

私立でも文系の学部を受験する場合、国語は必須の科目になりますが、なぜか受験生は国語の勉強をする時に「古文」と考えがちです。

多くの試験では現代文が7割の配点をしめるのにもかかわらずです!!

文系受験の生徒には今一度国語の現代文の勉強の重要性を再確認してもらいたいと願いますし、また、船口先生の授業が気になった生徒は個別教育フレックス各校では無料で体験もできます!

このブログをご覧になって気になった方はお気軽にお問い合わせ下さい。

塾を卒業する生徒へ向けて

こんにちは。

学研精華台校の杉浦です。

今回のブログの内容は非常に個人に向けた内容になりますが、ご覧いただいた方もよければ最後までお付き合い下さい。

 

本日は小学校からずーっと高3の現在まで通塾してくれている生徒の最後の授業日でした。

彼は中学校まで公立の学校でしたが、高校入試では大学附属の人気校に合格し、無事に大学の学部も決定したので、10月一杯までの通塾となりました。

思い返せば、私が精華台校に異動してきたタイミングで入塾をしてくれて、本当に長い時間を共に過ごしてきたと改めて思います。(赴任してきてどんだけ長い間精華台校にいるねんっと自分にもつっこみを入れましたが。笑)

彼の青春時代の1コマには塾での生活も間違いなく刻まれている事でしょうし、そういった想い出になる事も嬉しく思うのと、長く信頼いただいて、お子様を預けていただけた保護者様にも本当に感謝を致します。

子供達が通塾してくれる期間としては学生の間だけなので、子供達にとっては一瞬の出来事の一つかもしれませんが、長く通い続けてくれている子が卒業すると、ある種今までの日常とは異なってくるので、塾としては本当に寂しく感じるものです。

今回卒業する彼にとっても、そんな寂しさを感じてもらえるぐらい、愛着を持って通ってくれている場所になれていたなら本当に嬉しく思います。

改めて大学進学おめでとう!!

塾の先生一同、君のこれからの人生を本当に応援しています!

きっとこれから色々な経験を通して、嬉しい事も辛い事も含め、経験することで大人になっていくと思います。

もし何かしらの壁に当たり、挫けそうになる事があっても、勉強を通して体感した成功体験を思い出して頑張って。

君が前に進める無限の可能性を持っている事を、先生達は目の当たりにしている証人です。

人生の中で、学生として勉強ができる期間はごく僅かで、そんな短い期間でも結果を出すために努力できた事自体、大きな人生の礎になるはずです。

勉強ってただ学力を上げるためにするものだけじゃなく、そういった『乗り越える体験』を身に付けるためにするものでもあるし、きっと君なら大丈夫です。

最後は熱い抱擁の写真で締めさせてもらいたいと思います(笑)

 

さて、高3の受験生は公募推薦もいよいよ迫ってきました!!

最後まで諦めずに一緒に努力をしていこう!

質問対応もいつでも受付しているので、まずは入試日まで集中力を切らさないように頑張ってください。

「合格」の2文字で心の底から喜べるように精一杯サポートさせてもらいます。

 

大学受験『合格』に必要なこと

みなさん、こんにちは。

今回このブログでは大学受験の『現役合格』にテーマを絞ってご紹介したいと思います。

まず、皆さんは大学受験に対してどういったイメージをお持ちでしょうか?

 

入試問題が難しい?

関関同立は入るのが厳しい?

大学受験は毎日一日中勉強漬けの日々を送らないといけない?

人によって受験に対して持つイメージは様々だと思いますが、我々は皆さんが想像しているより、もしかすると大学受験に対してのイメージを難しく捉えていないかもしれません。

それはなぜか?

結論からお伝えすると「合格に必要なことは何か」を熟知しているからです。

具体的に学力の向上には“時間と量”が必要であるのは想像できると思いますが、どのタイミングで何を勉強するかが非常に重要です。

我々が『現役合格』にこだわって指導させていただけるのも、そういった“時間と量”を計画的に実施していくスケジュールを立てるからこそになります。

そして、一般的に現役生が自分の志望大学のレベルを入試直前に落としてしまうのも、計画的に勉強ができない結果の産物なのです。

さらには、現役生は入試問題の難易度に対して気になりがちですが、大学側も難しい問題を作る事にこだわっているわけではありません。

基本は“教科書で学んだ事”をベースに指導要領の範疇で問題は出題されている以上、入試だからといって特別な勉強を意識しなくても大丈夫なんです。

 

つまり何が重要か整理させていただくと

・高1からの学校で学ぶ勉強は極力積み残しのないように復習を意識した勉強

・3年生のときに受験勉強時間を集中させない

・志望校に対して傾向と対策を踏まえた計画的な学習

大きく絞るとこの3つのポイントを実践できれば必ず志望する大学も『現役合格』する事が可能になるのです。

個別教育フレックスでは予備校界でもっとも講師のレベルが高いと言われている「代々木ゼミナール」の授業を駆使して、『現役合格』をサポートするノウハウがあります。

大学受験でお困りであれば、お気軽に個別教育フレックス各校にお問い合わせ下さい!

 

 

9月度中3統一模試実施!!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

教室長の杉浦です。

本日、9月22日(土)は中3統一模試の実施でした。

一部の生徒は学校説明会と重なってしまい、参加できない生徒もいましたが、個別受験でも対応していくので、このブログを見ている塾生はご心配なく!

9月以降は学校でも実力テスト実施の本格化や、塾で受けてもらっている模試でも志望校判定が始まったりと、今まで以上に受験意識がぐっと上がる時期かと思います。

実際、4月ぐらいは「毎月の模試しんどいな。。」なんて言っていた生徒が「今月の模試のためにも勉強しないと!」なんて意識や心持ちの変化が感じ取れる事が多いです。

気持ちの部分の成長はテストや成績のように数値で図る事が難しいですが、教育に携わっている立場として、実はこういった「心の成長」の方が我々としても嬉しかったりします。

毎年思う事ですが、先生はみんなの志望校合格、成長を誰よりも応援しています。

もう手遅れなんて事はない!

一緒に頑張ればきっと大丈夫!

まだまだ時間がある限り成長できるよ。

 

ブログを通して勝手に応援メッセージを発信させてもらいました(笑)

 

あとは模試や実力テストを受けた後によく受ける相談として「どう勉強すればいいですか?」などは多いので、大事な事を記しておきます!

模試で一番重要なのは実は偏差値でも志望校判定でもありません。

ズバリ「出題分野ごとの成績」を特に注視下さい!

勉強においては集中力も勉強できる時間も限りがあります。

どこから手をつけるか、まずは自分が失点の多い分野において手がつけれていない基本の単元からスタートして下さい。

特に理科や社会はそのまま解き直しをするだけでも知識の定着に繋がるので良い勉強方法です。

一人一人、得意や苦手も違うのでそれぞれに合ったやり方で残りの受験勉強を乗り切っていきましょう!

 

杉浦

 

いざ夏期講習へ!!

こんにちは!個別教育フレックス学研精華台校の杉浦です。

最近はうだるような暑さが続きますが、皆さん体調などは崩されていないでしょうか?

熱中症などに十分気をつけて過ごして下さいね。

さて、公立中学や高校でもテストが終了し、結果の分析などもほぼ完了しました。

木津二中に通う中3生にとっは数学の範囲の広さに苦しむテストでしたね。

精華西中や精華中に通う生徒にとっては、はじめての6月期末テストだったので、勉強のペース配分など課題が見つかるタイミングになった子も多かったのではないでしょうか。

中間に比べると復習にまわす時間の余裕が少ない期末テストでしたが、塾生は皆頑張って結果を追い求めて勉強してくれていたのが印象的でした!

 

結果も一部紹介させてもらいますと、

数学 62点→93点 31点UP

数学 65点→91点 26点UP

英語 74点→97点 23点UP

英語 66点→88点 22点UP

社会 77点→99点 22点UP

国語 69点→88点 19点UP

数学 63点→80点 17点UP

理科 81点→92点 11点UP

 

などなど、、

他にも難易度が上がる中3の数学にもかかわらず100点を取ってきた生徒がいたり、今までは400点にいかなかった生徒も自分で信じられないほど点数が上がり5科目400点Overを達成したりと、「やる気」につながる成果を出してくれた生徒が多かったです。

「今回なんでこんなに点数が上がったんだろう?」

そんな疑問を持つ生徒もいましたが(それは知らず知らず本人が頑張れたからこそですが。笑)、我々は最小限の時間で最大の結果を出すための働きかけをおこなっています。

それは「学校の授業を分析する」という行動にはじまり、本人の苦手がなくなるまで細かく指導、反復する事で結果を出す事ができているのです。

個別指導の良さを最大限活用し、それぞれの生徒が通う中学の進捗に合わせて、子供達の苦手に寄り添いながら指導をするため、点数を上げる事は決して特殊な事ではありません。

フレックス学研精華台校は「定期テストに強い」個別指導塾である理由がここにあります。

 

では、これからはじまる夏期講習ではどういった授業をするのでしょうか?

そんな疑問に答えるために講習授業について少し触れたいと思います。

 

ズバリ!夏期講習の授業は我々は「復習」に徹しています。

 

この「復習」の仕方も個別指導ならではになりますが、お子様それぞれの苦手に合わせて復習を行っていくため、決して無駄な時間を生まない授業構造になっています。

特に中3生の受験学年などは一人一人によってカリキュラムが異なるため、回数や進行度合いも個々に様々です。

「復習」と「予習」のサイクルを上手く両立してるからこそ、成長をサポートできるので、このブログを読んで気になりましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お子様一人一人を見てサポートする事に絶対の自信を持ってお待ちしています。