必見!? 読書感想文の書き方

こんにちは、加茂駅前校の津村です。

さて、本日は週初めにTwitterで話題になっていた『読書感想文って必要?』という内容についてです。

普段であれば『ま~た、宿題の是非をその辺のシロウトが意気揚々と水掛け論的な議論してる~』とちょっとしたお祭りを遠くから眺めるように見流す内容なのですが、今回は提言者が学校の司書を任された国語教師が発端となっていたため、僕もいつもと違った見方をしてしまいました。

今回、この投稿者は『本来、読書とは「知りたいから」「自分が好きだから」読むもので、強制されるものではない。そして、感想文を書かされることで「読書が憂鬱になる」「日本人の読書嫌い・作文嫌いを助長している」だけでなく、原稿用紙の使い方や感想の不自由さも相まって、堅苦しくつまらないものになっている。』と投稿されています。この論調に対して、Twitterでは『つまらない・よく分からないといった感想で提出したら先生に呼び出されて再提出を食らった。正直な気持ちを書いたのに!』『対して読書感想文の書き方の指導もしていないのに、提出したら『あれがダメ』『これがダメ』のダメ出しの嵐。そんなことされて誰が本を好きになるのか。などと賛同する声が体感7~8割を占めているように思えました。一方で、『感想をうまくまとめられないと、何をみても『ヤバイ』とか『尊い』しか言えない大人になっちゃうよ~(笑)』など、国語力の養成のためには必要なのでは?という意見も見られました。

かくいう僕も小学生の時は2~6年生で読書感想文が宿題として出題されていましたが、元来の面倒くさがりな性格の上に、字数の指定・ガチ文型の母親の(容赦のない)添削・添削のための下書きによる二度手間感などが相まって、小学生時代で一番嫌いな夏休みの宿題でした!特に低学年のころはどのように書けばいいのかが分からず、あらすじ紹介だけの作文をしてしまい、一からやり直しを食らうこともしばしばあったので、『そんなん習ってない!』『書く前に言ってよ!』など不満タラタラだった思い出があります。

正直に言えば、読書感想文が面倒なのは『義務』だからなので、宿題として出題される以上、嫌がられる運命は今後も避けられないでしょう(笑) ただし、成績に関わる以上書かないわけにはいかないので、今回はせめて『書き方なんて聞いたことない!』といった不幸な事故が減るようにこちらに『先生にウケる!読書感想文の書き方』を記しておこうと思います。中学生の皆さんはもちろん、読書感想文初心者の小学生のお子様を持つお父さん・お母さんも、ぜひこの記事を読んでいただいて、『こうやって読書感想文書くんやで~』と一緒になって読書も感想文も楽しんでいただければと思います。

 

さて、読書感想文ですが、素直に『感想』を書いていると、先ほどの否定派お兄さんのようにダメ出しを食らってしまう事になります(汗)  ウケる感想文を書くには次のようにウケる流れに沿って行く事を求められます。

具体的な流れは次のようになります。

⓪下書き用のメモを準備する。

小学生時代に『下書きめんどくせえ!』と嫌がっていた僕ですが(笑)、本番用の原稿用紙に書いては消してを繰り返すとグチャグチャになるかもしれません。必ず下書き用紙は用意しましょう。ただし、完璧な文章を作る必要もありません。下のポイントをメモした裏紙で十分です。

①読んだ本のタイトルを書く。

当然ですが、何を読んだのかを最初に書きましょう。おそらく、1~2行で終わります。

②『なぜその本を読んだのか』を書く。

なぜその本を読もうと思ったのかを書いてみましょう。『タイトルが面白そうだった』『有名な賞を受賞してた』『表紙の絵がかわいかった』『ドラマで推しが主演をする』『好きなアニメのノベライズだ』など何でもよいです。

③読む前にタイトルや表紙から想像したことを書く。

その本の第一印象を書きましょう。基本的に本というものは、表紙で書いていることの詳細・ネタバレをしてしまったら誰も買ってくれません(笑) 必ず手に取った時の印象と読んだ後の印象は変化しているので、読む前の印象を書いているだけでとても見やすい文章になります。

なお、ぶっちゃけて言えば、ここまでは本を読んでいなくても書けます!いっぺんに書くのがしんどい人は、先にここまで書いてみてもいいかもしれません。

④簡単なあらすじ

さて、ここから実際に読んだうえで書く内容です。推薦図書は毎年上がりますが、それでも読んでいない人がいることを想定して簡単にあらすじを紹介しましょう。内容的には主人公の性格と序盤の状況のみで大丈夫です。

特に印象的なシーンを書く。

一番心に残ったシーンを書きましょう。主人公の心の変化と自分の心の変化を対比させると非常に書きやすいと思います。また、作成した文章の文字数が足りない場合はこのパートを2~3個にしてみましょう。かなり後ろに伸ばせると思います。

⑥今回の読書を通して学んだことを書く。

基本的には学校は教育機関なので『読んだ本人も成長してほしい』という思いがあります。なので、『面白かった』⇒『楽しんだ』だけではダメ出しを食らいがちです(汗) 読書を通じて学んだことを先述の印象的なシーンで『惹かれた理由』をまとめながら、道徳的な内容になるようにまとめてみましょう。

 

こんなところでしょうか。このルールさえ守れば、どんな文章でも読書感想文は怖くありません!今年の夏はコロナの影響で夏休みの宿題も少なめになるかもしれませんが、出題された時はぜひこのお話を思い出してくれればと思います。

 

おまけ

かつての作文嫌いもこのブログのために2292文字(おまけ含まず)記載しました。読書感想文に換算するとおよそ2回分の文章量です。これも読書感想文スパルタ教育のおかげでしょうか……?

三日会わざれば刮目せよ

こんにちは、加茂駅前校の津村です。

今週は理由あって月曜日の更新です!

関西では一旦コロナも収束へと向かっております。こうなってくると、4~5月頃に塾の先生として楽しみにしていたことが遅れてやってきます!

そう、巣立っていった生徒たちとの再会です☆彡

今週、木曜日に去年この教室で一緒に頑張っていた男子生徒2名が学校帰りに教室に立ち寄ってくれました。久々すぎてテンション上がって写真を撮り忘れたのはナイショです。

他にもスーパーや電車でバッタリ会ったり弟・妹が引き続き通塾している中で保護者さんに様子を窺ったり、講師の先生方は学校帰りに見かけたりもしているようですが、みんな、元気に過ごしているようで安心しています。

 

そして、更新を後ろ倒しにした理由ですが、昨日僕はプライベートで前職の教室の生徒たちに誘われて、京都市内で夕食を共にしていました。というか市内はけっこう人が多かったです(笑)

彼らと一旦のお別れから1年以上経ち、どこか抜けているながらも人懐っこく、愛おしく誇りに思いながらも離れてしまう事をとても心配していた子供たちばかりでしたが、1年間、それぞれが進学就職などそれぞれの目標に向かって頑張っているようで安心しました。コロナの影響で戸惑うことも非常に多い様子ですが、各々の成長の様子を見届けることが出来るのも、子供たちに関わる仕事をしていればこそなのだと思います。

信頼して通塾して頑張ってくれる子供たち・僕らの手を離れて頑張る子供たちに全身全霊で向き合うためにも、今日からもバリバリ頑張るぞ!

 

※補足 『男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ』

三日間というわずかな時間でも人間は変わることができるということ。原文は『三国志演義』が出典で、呉(ご)の武将(ぶしょう)呂蒙(りょもう)の故事成語。

 

目指せ!ランキング入り!

こんにちは。 加茂駅前校の津村です。

6月にも当教室にて模試を実施し、2日目に実施後すぐに結果が到着しました。

結果の返却に関しては保護者面談もあり、少し返却に時間がかかっていますが、全校の成績上位者の結果は各教室に掲載されています!

そして、加茂駅前校では成績優秀者を褒めたたえるためにも教室の生徒にはオレンジの蛍光ペンで線を引いています。

見てください!個人情報の兼ね合いで遠くからの撮影になりますが……

加茂駅前校の皆さんしっかりと頑張っています!

結果を見ながら競争する生徒・雑談する生徒・他の教室の生徒を気にする生徒など反応は様々です。

次回の模擬試験は7/4を予定しています!

次回もランクイン・ランクUP目指してしっかりと頑張りましょう!

 

 

おまけ

リニューアルに伴って中断していた速読解のランキングも久々に掲示されました。先生もランキングで熱~い火花を散らしています!

私、津村は3でした。伏見桃山校の田中先生強いよなぁ……

 

 

 

動き出した学校生活

こんにちは、加茂駅前校の津村です!

6月より各校で学校生活が本格スタートしておりますが、

みんなめっちゃ疲れてへん⁉

今週1週間各生徒と触れ合いながら過ごしていましたが、どの生徒を見ても疲れた表情だったり、眠たそうな表情だったりといまいち本調子ではないような子供たちが非常に多かったように思います(困) 特に中1の子たちがしんどそう(汗)

実際、全国の学校でコロナ明けの授業再開後から慌てて授業をしているような話も聞かれるため、ついだらけてしまった5月前半あたりまでの生活習慣がかなり尾を引いているように思います。

しかし、そうも言ってられません。

まず、定期テストがジワジワと近づいてきています!

そして、中3は各学校で6~7月にかけて実力テストが実施されます!このテストは学校の先生が進路指導をする際に実力を判断するテストです!

そして、高3生も今年度スタートの大学入試共通テストも例年通りの時期に実施されることが報道されました! カンベンしてくれって高3も多いのでは?

いろいろとコロナに振り回されて文句の1つや2つも言いたくなると思います(僕も7~8つくらいは言いたいです笑)が、条件はみんな一緒です! やれることを確実にこなしていきましょう!

理系教室長が語る歴史のお話③ ~世界と日本の歴史のペースの差によって生まれたもの~

さてさて、今回も前回の続きからです。

前回まではコチラ!

理系教室長が語る歴史のお話① ~どうして歴史って難しいの?~

理系教室長が語る歴史のお話② ~全世界共通!歴史の流れ~

 

前回は原始古代中世近世近代現代という区切りから様々な地域が似たような発展をしていたというお話をしました。ですが、現在でも先進国と発展途上国があるように、この発展のペースは地域によって大きく変わってきます。そこで、これらの地域別の発展のペースを中学でも頻繁に取り上げられる日本中国ヨーロッパに絞って見ていきましょう!

 

歴史の変遷 日本・中国・ヨーロッパ

 

さて、時代にもよりますが多くの時代でヨーロッパ中国の変化の後日本での変化が起こっていますね。こうやって見ると、かつての日本人は自分たちの文明が遅れていることを悟った時に追い上げるように発展してきた民族と言えると思います。

ですが、この追い上げのペースはどの時代でも非常にすさまじかったと言われています。

例えば戦国時代では各大名がこぞって鉄砲の開発・研究した結果、製造技術は世界最先端レベルまで向上しました。この極め上げた軍事力は当時世界帝国となっていたスペインなどの西欧諸国が植民地とすることを諦めさせたという説もあります(世界的に見れば南米やフィリピンがスペイン・ポルトガル領になっています)。

また、明治時代では欧州列強との不平等な条約を解消するために、圧倒的なペースで列強の知識・技術を吸収し、半世紀かけずに大国と渡り合う実力を付けました。この圧倒的な発展ペースは自国の文化や歴史に妙なプライドを持ち続けた中国との明暗を分ける事となりました。

 

このように、世界の歴史の流れ日本の歴史に大きな影響を与えています。そう考えれば、中学校の歴史で世界史を扱うのにも納得です。

こういったポイントを押さえながら中学から歴史を眺めてみることで、新たに整理できることもあるでしょう。

 

 

えっ?そもそも昔のことを学ぶのに何の意味があるのかって?

では、次回はここまでの話を元にして歴史を学ぶ意味を考えていきましょう。

理系教室長が語る歴史のお話② ~全世界共通!歴史の流れ~

こんにちは、加茂駅前校の津村です! さて、前回に引き続き歴史についてお話していきましょう!

前回はコチラ! ⇒

理系教室長が語る歴史のお話① ~どうして歴史って難しいの?~

まずは、皆さん歴史の順番を考える上で目安とするものに『時代』があるかと思います。

縄文弥生古墳飛鳥奈良平安鎌倉室町安土桃山江戸明治大正昭和平成と続くアレです(旧石器・南北朝時代など一部省略しています)。

ですが、教科書にはそれとは別に『原始・古代・中世・近世・近代・現代』という区切りがあることをご存じでしょうか?

↑このように教科書のどこかにある年表の端の方に載っています。

この時代区分はそれぞれの時代の特色に注目した時代区分で、ヨーロッパではこういった区分が一般的になっています。そう、つまり『世界史の流れをつかむのに便利』なんです。

というわけで各時代の特色はざっくりとこんな感じです(諸説あり)。


~原始~

人々が定住し始め、身分・信仰がゆっくりと生まれた時代。日本における縄文・弥生時代。

~古代~ 

はっきりと身分や信仰する物が固まり始めた時代。日本における古墳・飛鳥・奈良・平安時代。

~中世~ 

人が信仰・権威者から認められる形で政治を行う時代。日本における鎌倉・室町時代。

~近世~

強大な権威のある人が政治を行う時代。日本における安土桃山・江戸時代。

~近代~

身分制が廃止されて市民に人権が与えられながらも、資本が新たな力の指標となった時代。日本における明治・大正・昭和前期時代

~現代~

すべての市民に最低限の人権・生活が保障され、多くの市民・国家が切磋琢磨しながら技術・文化を発展させる時代。日本における戦後以降。


このように、社会制度の対比から世界の歴史を比較するといった方法があります。

例えば、古代日本であれば『天皇やその側近(聖徳太子)が仏教を使って日本の支配を固めた。』となりますし、古代ヨーロッパは『ローマ皇帝はキリスト教を使って巨大な帝国を支配した。』となります。

 

このように、全く違うような文化の発展をしたように見えて世界全体で近い発展をしていると考えておくと、不意を突いた世界史の入り込みだけでなく、進学後の高校の世界史を学習するときに学習内容の整理を行いやすくなります。

 

では、次回は日本と世界でこれらの歴史のペースがどれほど違うのかを見ていきたいと思います。

理系教室長が語る歴史のお話① ~どうして歴史って難しいの?~

こんにちは。加茂駅前校の津村です。

さてGWも終わり、教室には4月度の模擬試験の結果が返ってきました!

初回の模試にもかかわらず皆さん大健闘!1~2年生の復習がメインの内容でしたが、偏差値が50を超えた子がたくさんいてくれました。これには私も大満足!zoomを用いた模擬試験の結果解説もつい熱が入ってしまいます(笑)

ですが、課題がなかったというわけでもありません。全体の傾向としては前単元との関連性が高い国語数学英語ではしっかりとした成果を残せている生徒が多かった一方で、理科社会、とりわけ歴史は学習から時間がたっていることもあり忘れている子がたくさん見受けられました。

世間は相変わらずコロナによる自粛もあり、フレックスの生徒に関わらず復習には絶好の機会です。(むしろ夏休みという復習の一大チャンスが減らされる懸念もあります)

ここから数日、定期的に歴史を復習するに当たって、知っておくことで整理がしやすくなるであろう『考え方』をこのブログを使って皆さんにお届けできればと思います。

今回は前段階として中学校の歴史を難しいと感じる人がなぜ多いのかについてお話していきます。

 

さて、歴史は得意な人からすれば『覚えるだけ』という印象が強い教科である一方、大人でも苦手意識を持つ人が多い教科でもあります。(実際に保護者面談をしていると『歴史の勉強をさせたいけど、自分自身も歴史が苦手やからどう勉強させればいいか分からない。』といった相談もしばし受けます。) その上でいつも私が心がけて勉強してほしいと話をしているのが『しっかりと流れをつかむ事を意識してほしい。』ということです。

歴史は様々な登場人物が時代に合わせて活躍し、1つの物語を紡いでいった物を中学生であれば1年半ほどかけて勉強します。そのため、1つの事件においてもその前に原因があり、その事件による結果がまた新たな事件の原因となっていきます。しかし、中学校の歴史では、この連続した時の流れを断ち切る厄介な存在がいます。そう、『世界史』です。

中学校の歴史はメインが日本の歴史ですが、日本が影響を受けたような世界の大きな事件については、当然その背景から説明しなければならず、結果として勉強する身からすれば唐突に世界史の話をされ、唐突に日本史に戻ってくるように感じます。

 

乱入する世界史

 

そこで、次回からはこの厄介な『世界史』の扱い方について日本の歴史と照らし合わせながらお話していきたいと思います。

しばらく連続での投稿となり、語句の解説といった一般的な内容とは違う者にはなりますが、しばしお付き合いいただければと思います。

 

Zoomをインストール! その2

ということで、今日のブログは先生方へのZoomの使い方を落とし込む研修の様子をご紹介します!(導入の経緯は前回のブログをご覧ください)

研修は内容の落とし込みをzoomで、実際の授業のやり方を教室で行いました。もちろん、密には気を付けて最大3人の先生方までの実施です!

授業はこのように今まで通りの1:2で、会話・指導・学習指示をタブレットで行います。

先生役と生徒役を交代でやってもらいました。生徒役をやってもらった先生方の反応は『普段の授業とそんなに変わらへんかな?』といった感じでした。実際、そこまで変わりません!(自信満々)

先生方も慣れていくまではこのように教室長がサポートを行います。

加茂駅前校自慢の先生方とともにGW明けからの授業をお待ちしています!

 

おまけ

黄檗校の教室責任者の杉本先生にも模擬授業を行っていただきました。講師の先生方も興味津々でした。

Zoomをインストール!

こんにちは。加茂駅前校の津村です。

コロナウイルスによる臨時休業により、普段より教室を利用されている生徒の皆さんや保護者の皆様にはご心配をおかけしております。4月より加茂駅前校のある木津川市でも散発的に感染者の報告が上がっていただけに大事を取って正解だったのかと感じております。

ですが、2月末に急遽休校措置を講じられてから2ヶ月もの間、外出もはばかられる状況で子供たちは学習から遠ざかってしまっており、さらに4/30・5/1と山城地域の多くの自治体で小中学校の休校措置延長が決定されました。(加茂エリアは5/31までの学校が多いようですね。)

そんな状況にもかかわらず、入試スケジュールなどは例年通りでの動きとなってくると予想がされ、カリキュラムの過密化など終息後にかなりの負担を強いられる事が想定されます。(このブログを記入している5/1付の報道では、大阪府教育庁が1学期終了後に授業を再開した場合の目途として、中学生は夏・冬休みなし+週3回程度の7時間授業+毎週土曜授業を行わないと年間授業が間に合わないという試算を出していました。そこまでしてでも『3月終了・4月新学年』を想定していると考えれば、そうそう簡単に入試スケジュールは変わらないのかもしれません。)

そんなこともあって教室では5月以降にせめて例年通りの授業ペースをお届けするために、コツコツと仕事を行っていたわけでございます。

ということで、個別教育フレックス

Zoom 導入します!

加茂駅前校、オンライン授業準備万端!

5/7よりスタートです!

模擬入試

こんにちは。加茂駅前校の津村です。

全国に緊急事態宣言が発表されてから2日経ちましたが、今週も元気いっぱい頑張っております!

※来週以降に関してはトップページ参照の通り休校となっております。

さて、本日は先週と2回に分けて実施させていただいた中3模試の受験日でございます。

万全を期して1日10名までとしていましたが、それでも本日の受験を見合わせる子もチラホラ。おかげで『密集』に関してはより緩和されました。

、もちろん『密室』にならないようにもしていますよ!(寒いと言ってきた子、ゴメンよ~……)

社会の問題冊子。これを見て『えっ⁉』と言った生徒も一定数いておりました。もちろん、これは選択問題です。

数学の様子です。教科的には普段と違った切り口での出題がされやすく、苦手とする子も多いですが……

英語はPCよりリスニング音源を放送して行っております。(パソコン横のマスク・消毒液・殺虫スプレーはコロナ発生後のデスク上常備シリーズ3点セットです)

終了!お疲れ様!

 

結果に関しては他教室の模試実施状況によって成績処理の日取りも変わってくるため、5月をまたぐ可能性もあります。今しばらくお待ちください!