滋賀県3位!

中学生の期末テストに滋賀V模試、冬期面談に大学入試の公募推薦開始となかなかたいへんな11月ですが、嬉しいニュースが!

なんと速読甲子園滋賀県3位!(の賞状がたった今届きました!!もう間違いとか言われても返しません!!!)

先生(教室長)ランキングでは毎月塾内最下位を争い、10月ランキングでは点数があまりにも低すぎてランキングに入れてさえもらえなかった教室長が率いる教室としてはかなりの快挙ではないでしょうか。

もちろん私が頑張った訳ではないのですが・・・

何はともあれ素直にみんなで喜びたいと思います。

ばんざーい!ばんざーい!!ばんざーい!!!

速読はしっかりやれば本当に成果出ると思います。

しっかりやれば、というのは何事も同じですよね。

膳所駅前校教室長 山中

 

 

 

代ゼミに望月先生・黒目先生授業に行ってきました!

10/27(日)代ゼミ大阪南校に黒目先生現代文、望月先生古文、川又先生英語に行ってきました。どの授業も本当に解りやすく、はるばる大阪まで来て良かった、と両名とも言ってくれました。フレックスの授業ではないですが、生徒が本当に喜んでくれていたのでオススメして良かったと思います。

★中央が現代文講師の黒目先生

自習時間も!(膳所駅前校の場合)

自習時間は塾行っても放置される・・・

よく聞かれる言葉です。

しかし!膳所駅前校の自習時間はこんな感じです。

やる気満々な先生が自分の授業が終わってもやる気満々な生徒たちを教えています。基本はそれぞれが自分の事をやりますが、一般的に理科や社会は夏から本格始動という生徒が多いだけにホワイトボードを持ってきてみんなまとめて即席授業!みたいになることも。

やる気溢れる生徒が先生を引っ張って「教えて!」となれば先生はまず断りません。やる気さえ持って来てくれれば必ず伸びます。誰だって必ず。

自分の可能性を過小評価しないでください。去年も16点だった人が94点にまでなってます。「自分だって!」と思う方はぜひフレックスへ。

ただし、必須の持ち物「やる気」を必ずお忘れなくね。

どうしてもやる気が出ない、というあなたは「やりたくないけどやらないと仕方ない」というところまでは自分をちゃんと誘導してから来てください。「やる気ゼロです。お母さんに行けって言われて来ました」という人は絶対伸びないから。勉強は他の誰のためでもない、自分のためにするんです。

山中文庫がリニューアル!

昨日有志の先生、生徒の皆様により山中文庫のリニューアルが完成しました。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました!

ちなみに山中文庫とは教室長の山中が個人的に読んで「これはぜひみんなにも読んで欲しい!」と思った素敵な本たちを持ってきたものです。

正直、受験生はそれどころではありませんが、受験生以外の皆さんはぜひこの夏休み、塾で勉強して読書もしてみましょう。

人気作家本はもちろん、映画やドラマの小説も多数おいてます(以下に一部抜粋)。この夏は読書で新たな自分に気づく夏に!

山中文庫紹介(一部)

「阪急電車」有川浩

「下町ロケット」「陸王」池井戸潤

「週末のフール」伊坂幸太郎

「約束」石田衣良

「集団左遷」江波戸哲夫

「博士の愛した数式」小川洋子

「君たちに明日はない」垣根涼介

「ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと」シリーズ 鎌田洋

「ちょっと今から仕事やめてくる」「ヒーローズ」北川恵海

「カンニング少女」黒田研二

「金曜のバカ」越谷オサム

「水族館ガール」木宮条太郎

「逆転力~ピンチを待て~」指原莉乃

「深夜特急」沢木耕太郎

「下剋上受験」桜井信一

「つばさものがたり」雫井脩介

「小説言の葉の庭」新海誠

「奇跡の人」「ローカル線で行こう!」真保裕一

「ローマ法王に米を食べさせた男」高野誠鮮

「ドラえもんのび太の月面探記」「かがみの孤城」辻村深月

「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」中村克

「神様のカルテ」夏川草介

「幻想郵便局」堀川アサコ

「走れ!T校バスケット部」松崎洋

「舟を編む」三浦しおん

「夢をかなえるゾウ」水野敬也

「高校入試」湊かなえ

「ソロモンの偽証」宮部みゆき

「DIVE」「みかづき」「カラフル」「ラン」森絵都

「虹の岬の喫茶店」森沢明夫

「君たちはどう生きるか(マンガ版)」吉野源三郎

「受験のシンデレラ」和田秀樹

その他にもいろんな本があります。皆さんのオススメ本もぜひ教えてください!貸し出しも可能です。

いい夏にしましょう!

数学50点UP!(中2学年末→中3の1学期末)

打出中3年生T君 今回の一学期期末で数学50点UP!!60点以下即退塾のプレッシャーに打ち勝ってよく頑張った!でも実はここからが本当の勝負だよ。

他にも、高校2年生のある女の子は去年の冬から今回一学期末数学83点UPしました。

ぜひあなたもフレックス膳所校で大幅な点数UPを!

 

膳所駅前校の新ポスターが出来ました!

本部デザイン担当の櫻本さんのご尽力により新しいポスターが出来ました!

今年の受験生のみんなも去年の先輩たちのように頑張ってほしいです。頑張って点を上げた(合格を勝ち取った)生徒を今までたくさん見てきて思うことがあります。それは奇跡は起こるべきして起こるんだ、ということ。

「中間テストで奇跡起きないかなー」と何もせずに願っているそこのあなた。

それでは奇跡は起きません。

奇跡は自分で起こすものです。

起こすための努力をせずに結果が出る事もごくたまーにはあるかもしれません。

でもそれは奇跡ではなく、「たまたまの偶然」です。

「偶然」を願う人生か、努力をして「奇跡」を起こしていく人生か。

あなたはどちらを選びますか?

 

「奇跡」起こしたいなーと願うあなた、ぜひ一度体験にお越しください。

まずは奇跡への第一歩目の踏み出し方をご提示させて頂きます。

やるもやらないもあなた次第です。勉強はやらされてやるものではありません。

自分で考えましょう。自分自身の未来のために。

(櫻本さんありがとうございました!)

大津高校合格!(粟津中学校 加藤亮太君)

私は二年生の春にフレックスに入塾しました。
当時は、勉強嫌いで基礎すら身についてない状態でした。しかし、先生方からのサポートがあるおかげで基礎がしっかりとつき、応用問題にも手を出せるようになっていきました。そして、僕は志望校に受かることが出来ました。
私が受験生を体験して思ったことは、前日に教科書を見直すのではなく、日々の積み重ねで勝負が決まると思いました。また、フレックスには優しい先生が多く、生徒ひとりひとりに対して適切な教え方をし、私はこの塾だからこそ合格できたのだと思います。

 

石山高校合格!(打出中学校 岡室成悟君)

僕は夏休みが終わるころまでずっと野球ばかりしてきました。なので受験勉強を本格的に始めたのは3年の2学期に入ってからでした。2学期の始めの実力テストでは100位にも入れず、その時から必死に勉強をしようと思い始めました。(でも振り返ると実際は期末を終えたころからだったと感じます)
そんな状況でも志望校を目指し最後まで諦めない強い気持ちを持ち続けました。
熱心に教えてくれ、受験前日まで励ましてくれた先生たちに助けられ合格することが出来ました。

大好きなフレックスへ(滋賀大教育学部合格 東大津高校 田中優芽さん)

私は中学生の頃からフレックス膳所駅前校でお世話になりましたが、どの先生も本当に優しく親身になってくださり、今回私が滋賀大学に合格出来たのも本当にフレックスのおかげだと思っています。私は個別授業で数学を教えてもらっていました。もともと数学が苦手で受験まで間に合うか不安もありましたが、万木先生に私が納得するまでわからない問題を何度も何度もわかりやすく教えてもらい、自分のものとなるまで何度も解き直しました。その結果、数学を楽しいと感じるようになり、センター試験でも最高点を出すことが出来てとても嬉しかったです。

数学だけでなく、週に一回行ってくださった英語の単語テストのおかげで英語の成績もぐっと伸ばすことが出来ました。受験に向けて今やっておくべき事などもアドバイスしていただいたおかげで自分の中で進路を決めたり勉強していく上で本当に役に立ちました。

フレックスは自ら勉強したいとやる気を出させてくれる塾でした。私は中学3年、高校3年という受験において大切な時期にお世話になりましたが、教室長の山中先生、個別授業で数学を教えて頂いた万木先生、フレックスのたくさんの先生方に励まされ、支えてもらい、受験を乗り越えることが出来ました。本当に感謝でいっぱいです。

そんな優しくやる気を出させてくれる先生になれるように、私も4月からフレックスの先生として精一杯頑張っていきたいです。

自分の可能性を信じ切れない人が受験終盤ではどうしても多くなる中、優芽さんはしっかり自分を持っていました。

大学生活満喫してね!

本当におめでとう!

山中

 

 

これからもフレックスで!

無事合格をつかみ取ることが出来ました!

今思うと中学二年の冬からフレックスに通い始めて高校受験から大学受験までお世話になりました。大学へ進学したいと決意したのが遅かったので合格できるか不安でしたが、今までの積み重ねや先生方のアドバイスを考えると「これで受からんかったら恥ずかしすぎる。意地でも受かってみせる!」ってスイッチが入りました。生徒の立場からすると先生の言葉や一緒に勉強した積み重ねは本当に大きな力になると今回の大学受験を終えて実感しました。

これからはお世話になったフレックスで日頃の勉強はもちろん、受験生へのサポートにも自分の経験を生かして生徒さんと成績アップと合格を勝ち取っていきたいと思います。

川越君は工業高校からの大学入試。孤独感との戦いだったと思います。自分に打ち勝ち、3月後期入試まで頑張りました。

最後の最後まであきらめないこと。

本当に大切です。

合格おめでとう!

これからもよろしくね。

山中