【久我の杜校】京都私立高校入試

みなさん、こんにちは。

久我の杜校の林です。

さて、今日は京都の私立高校入試でした。

心配された天候も少し寒かったですが、大雪とはならず

交通機関も通常通りで無事入試が行われました。

早朝、受験生の応援がてら、とある高校にお邪魔させていただいたのですが、

前日は「どうしよう」と言っていた生徒も、

少し緊張しつつも元気な顔で登校してくれていたのでほっとしました。

 

教室に戻ってこまごまとしたことを片付けていたのですが、

開校時間になっても静かな教室に、改めて受験日なんだと感じさせられました。

なので、自習に来る生徒もいないかなと思っていたのですが、

ここ2週間は毎日来ていた中3女子3名がひょこっと現れました。

聞くと、明日の面接試験に向けて内容を確認するとのことでした。

とはいえ、一度一緒に確認して練習もしているので

特に確認することも無いのですが、家にいても落ち着かなかった様です。

なんだかんだと今日の筆記試験の手応えや、

面接で聞かれるだろう項目について話している内に、

お腹が減ったということで帰って行きました。

昨日は緊張で「どうしよう、どうしよう」と言っていたのが

まるで幻だったようなあっけらかんとした様子だったので

おそらく明日の面接試験もしっかり答えられるだろうと安心しました。

この仕事をして何年も経ちますが、

生徒の変化や成長は目を見張るものがあります。

そういう変化を目の前で見られることが醍醐味だなと改めて感じた一日でした。

彼女たちの置き土産です。いつの間にかカイロに書いていました。

このカイロはぼくのなんですけどね(笑)。

 

さて、明日も明後日も試験という方もいらっしゃると思います。

今日はしっかり頭も体も休めて明日以降に備えて下さい。