滋賀県公立高校発表日!(の山中日記)

本日は雨の音で目が覚めました。

おいおい晴れの発表の日なのに、、、と思いつつ電車を調べようとすると京都線びわこ線は運転停止中、との案内。とにかく行くしかないやろ!と半ばやけ気味に家を出る頃には雨は止み、大阪駅に着いた頃には「運転を再開しました」のアナウンス。ラッキー!と思って乗り込んだ新快速は京都駅手前で30分以上の立ち往生。(前の電車が大量に詰まっていたため)

ラッキーなのかアンラッキーなのかよくわからない中、人人人につぶされそうになりながら膳所から超満員の京阪に乗って他の先生らと大津商業・大津、さらに石山へと巡ってきました。そして・・・

本当に残念ですが結果は結果です。でも一生懸命やってきたことは絶対に無駄ではありません。必ずどこかで活きてきます。今はただの綺麗事にしか聞こえないかもしれません。でも、ぜひ今後も一生懸命の姿勢を保ってください。絶対に光り輝く未来に繋がります。

合格した皆さん、本当におめでとう!今回の結果に天狗になることなく、引き続き高校でもたゆまぬ努力を意識してくださいね。

若い頃の苦労は買ってでもしろ!という諺があります。

本当にそう思います。高校入試に必死に挑んだ皆さんはひとつ、この経験値を積みました。今は「何も頑張ってないけど受かった!」という(ポテンシャルの高い)人を羨ましく思うかもしれません。ですが、10年後、20年後を考えると必ずしも後者が勝ち続けるとは限りません。最初はスロースタートでも徐々に逆転していく人生もかっこいいとは思いませんか?

うさぎとカメの話のように。

ちなみに山中はカメ型人間が大好きです。(お前の好みはどうでもいいっ!てみんなに言われそう…)

 

*今春、8年前・7年前高校受験世代の生徒たちとの同窓会(その名も「山中会」!)に行くことになりました。今年の受験生のみんなとも10年後にでも会えたら嬉しい。そのときまでに、お互いしっかり成長しましょう。山中もまだまだこれから。前を行くウサギたちを大逆転するよ!!