【久我の杜校】受験生からのメッセージ

みなさん、こんにちは。

久我の杜校の林です。

さて、今日、自習室のある机の上にこんな落書きを見つけました。

読めます?

いつもならすぐに消してしまうのですが、

内容が内容だったので写真におさめました。

が、撮影者の腕のせい(私ですが)で読みにくいので、書き起こしてみました。

おそらく筆跡的には男の子だと思いますし、

言葉遣いから中3だと考えられます。

自習中に何か思うことがあったんでしょう。

見つからないように端の席の見にくいところに書いてありました。

自分に対しての後悔なのか、後輩のことを思ってのことなのかわかりませんが、

受験を経ていろいろ考えることがあったんだと思います。

受験勉強に追われて余裕が無い状態だったとおもいますが、

こんな風に考えを巡らせることができていることに、素直に感動しました。

受験を乗り越え、成長していってくれたんだと思います。

こういう機会が突然やってくるのがこの仕事の醍醐味です。

 

彼の結果がどうなったのかはわかりません。

筆跡から想定することはできますが、しないことにしました。

一部「てにをは」が間違っていますし、照れくさいでしょうから。

また、このメッセージ、落書きには違いないので、

今週一杯は残しておいて、来週になったら消すことにします。

ただ、せっかくのメッセージなので、

自習室のホワイトボードに書き起こしたものは残します。

次の受験生がそれを見て考えてくれれば幸いです。

 

今日は長文となってしまいました。

もう少し短い話題を考えていたのですが、

予想外の出来事だったので挙げさせて頂きました。

最後まで読んだ頂き、ありがとうございました。

それでは、また明日お会いしましょう。