平成最後の授業風景

みなさん、こんばんは。

伏見桃山校です。突然寒くなりましたね。

 

ラジオでもテレビでも

「平成最後」という言葉が飛び交っています。

ということで、伏見桃山校も

平成最後の授業風景をお届けます。

1対2の授業はこのように行っています。

みんな、英語をがんばってますね。

難しくても大丈夫。

講師が丁寧に解説します。

みんな、5月の中間テストにファイト!

 

さて、こちら映像授業

理科の物理単元は難しいですよね。

このように図解を見ながら、

理解していきます。↓↓↓

映像を見終わったら、

パソコン上でテストがあります。

これで、学習内容をチェック!↓↓↓

 

自習に来ている塾生もいます。

自分でもって来た課題をこなしています。

素晴らしい!!

 

連休が明ければ、

1学期中間テストまで2~3週間。

そろそろ、理科や社会の

学習した範囲を復習し

重要語句を覚え始めましょう。

そうすれば、前日に徹夜で詰め込む…

なんてことはしなくて済みます。

「勉強の仕方が分からない」

「一人ではどうしてもできない」

そんな時は、塾に来てください。

一緒に勉強しましょう。

一人でやるより、ずっとできますよ。

 

お問合せ先

075-605-6111(伏見桃山校)

14時~22時開校。

水曜、日曜、休校

(テスト前は水曜を開校)

GWは4/30~5/6まで休校です

 

先日、某テレビ番組(〇先生の初〇学)で

公立名門中学校を改革した校長先生と

〇先生の対談を見ていたところ

「宿題は必要ない」という

インパクトの強い言葉が出てきました。

もしかして、この言葉だけを聞いて

「宿題はやらないくていい」

なんて考えてないでしょうか?

 

賛否両論あっていいと思いますが、

まずは

「これはいったいどういうことか?」

という疑問をもち

その言葉の真意や背景を知ることが

大切です。

 

私は、この校長先生の著書を購入し、

読みました。

「宿題は必要ない」とは

「勉強しなくていい」ということではなく

早く終わればいい、と

やらされている気持ちで一杯の状況下で、

思考停止状態で淡々と作業のように

こなす、ことが必要ない、のです。

 

そもそも、

「何のために勉強しているのか」

このことを、ちゃんと考えてみましょう。

 

平成最後に、教室担当Tの真面目な話。

いつもありがとうございます。