志望校判定のおはなし

こんにちは。加茂駅前校の津村です。

いや~、今週はしゃべくり倒した1週間でしたねぇ……。 え?何故かって?

授業や面談・自習対応なども多くありましたが、一番はやっぱり模試返却です!長い子であれば1人30分近くしゃべってたと思います。

どうしてそんなに長く話をしていたかというと、今回の模試返却からはがついてきます。この志望校判定で、夏の間に志望校にどのような変化があったのかを確認しながら私立併願高を適切に選べているのか(レベリングや学校でやれることの差異など)のチェックもしっかり行う必要があるからです。

これからは、すべての中3生が外部向けの模擬試験などを受験する中で、偏差値や判定の結果を見て、一喜一憂したりすることも多いと思います。ですので、今回はどの模試でも大まかに同じことがいえる『判定の見かた』について簡単に示しておこうと思います。

 

A:合格可能性80%以上

偏差値でいうと概ね5以上上回るときにつく。合格には充分な学力のため自信を持って受験に挑んでくれれば!

B:合格可能性65%以上80%未満

偏差値でいうと概ね2~4程度上回っている時につく。苦手単元だらけといった事故がなければ合格できる。塾の先生的にはココより上を目指してほしい。

C:合格可能性50%以上65%未満

偏差値でいうと概ねぴったり~1程度上回っているとつく。この判定でも合格する子は大勢いるが、ギリギリセーフなので入学した後の学校の授業が難しく感じる可能性が高い。ゆとりある高校生活を送りたい場合はもう少し頑張ろう!

D:合格可能性35%以上50%未満

偏差値でいうと概ね1~4ほど足りていないときにつく。内申がしっかりと取れていれば合格することもあるが、学校の授業について行くのはかなり難しい。どちらにしてもまずはC判定を目指して勉強のペースを上げていこう!

E:合格可能性35%未満

偏差値でいうと概ね5以上足りていないときにつく。極まれに合格する生徒もいるが、基本的には合格は厳しい。その学校に入りたいという『こだわり』があるなら勉強のペース・内容をしっかり見直して死に物狂いで頑張ろう!

 

こんなところでしょうか? 特にE判定は僕ら塾の先生や学校の先生などの大人たちの力を借りながらでないと厳しいものもあると思います。例年と違って部活の続く子も多い年ですが、しっかりと半年後(というかもう切ってます!)の入試に間に合うように頑張っていきましょう!