定期試験を予想せよ! ~中1編~

こんにちは。加茂駅前校の津村です。

さて、定期試験まで残すところ半月となりました!

今回のテストはたびたび言っている通り『点数が下がりやすい』テストです。今週は地域にポスティングを行ったのですが、テーマは『中1のテスト情報』です。

さて、こちらに記載の通り、大まかなテスト予想としては英語では基本的な問題を速く正確に説く力が必要となり、数学では計算の混同を起こさないようにすることが非常に重要になってきます。

という訳で実際の問題を見てみましょう!

英語編:次の単語を3人称単数の形にしなさい。

このような、単純ですぐに解けるような問題でありながらも、一定の『ルール』を理解しておかないと解けないような問題が出てきます。

三人称単数の『s』のつけ方は

・s,o,x,sh,chの時は『es』を付ける

・子音字+yの時はyをiに変えて『es』を付ける

・haveは変わり方が特殊でhasになる

というルールです。したがって答えは

(1) teaches

(2) has

(3) studies

となります。

 

数学編次の計算を途中式を書いて解きなさい。

片方が『文字式の計算』であり、もう片方が『方程式の計算』です。

この2つは分数が苦手なまま中学生になってしまった子が、分数の方程式を習いたての時に混ざり合ってしまいやすい2つの単元になります。

左の式は文字式なので、通分をした後に分数のまま計算を行います。

よって、答えは

(3x+18)/20

となります。(分数表記できなかった~ 汗)

右の式は方程式なので、分母の最小公倍数を両方の式(『両辺』といいます)に掛け算をして、分数を消した後に計算を行います。

よって、答えは

x=-6

となります。

さて、この2つをしっかりと理解したとされたうえで次回以降のテストも作成されます。通塾中の生徒はもちろん、そうでない子たちもしっかりとテストに備えていきましょう!